読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かになろうとしなくていい

昨日が
ぽたぽた
小ぶりの涙なら
今日は
大ぶり雨でした




でも



涙は
土砂降りだけど
号泣とまではいかず
感情がダウンするところまで
闇に浸りきることもなく
なんとか
過ごすことができたのは
仲間がいてくれたから・・・



自分のありのままの気持ちを
話して
聞いてもらえる場所って
ほんとうに大切だなぁと
感じました。



ありのままの気持ちから
どんどんずれていくことで
自分の本当の気持ちがわからなくなったりしますね。



泣いているのに
泣いたらダメ
泣き止みなさい。



とか



そんな練習をするうちに
回避メカニズムが
仕組みとして
出来上がってしまったのかもしれません。



今日は
自分の
弱さや
いたらなさを
またあらためて
認めた日でした。



弱くいてはいけないって
いつしか
自分で自分を追い込むように
なっていたことに
気が付きました。



受け入れられないことがあるんだ
傷ついたままのことがあるんだ
とってもつらかったんだ
まだ
怖いんだ



などなど
その
弱さを
なにかに
置き換えなくていいこと
その感じたことを
そのままに感じていい



だってそれは
ただの感情で
自分という
存在ではないから・・・・



こんなこと
たぶん
前にも
ブログで
書いたような気がします。



でも
また
そんなパターンが
発動していました。



でも
それでいいんです。
そのままで



何かになろうとしなくていい
ただいるだけでいい
ここに
何度も何度も
立ち返って



自己肯定
してゆきます^^♪




満月に向かう調整でしょうかね。
弱さが漏れ出してしまった一日でした。



昨日は
よく頑張ってきた
みんな精一杯だったね
という
感情に出会って
しんみりしたかと思えば



今日は
そんななか
とっても力強く生きてきた姿に出会って
感動したはずが
自分はそんなに強くない
という
比較反応でした。




これがきっと
ドラマですね。



強くいなきゃいけないという
無意識の信念が
ただありのままにいる相手を
強く生きているように
映し出し
自分を弱いように感じる
幻想



みんな
みんな
ありのままの
自分を生きているだけ



本当は
強いも弱いも
ないのかもしれないですね^^


ただ
そのままなだけ・・・
ただ
種類が違うだけ
その瞬間の状態に
違いを感じたとしても
自分に写し込んで比較する必要はないですね